会社の再生手続をしても経営権を失うのではないか不安です。

一般的な中小企業の場合、経営者(代表者)の手腕が企業経営にとって大きな影響力を有しており、上場企業のように経営者を交替させるということは現時的ではないことが多く見受けられます。そのため、民事再生手続は、経営者が企業経営を継続することを想定していますし、裁判外の再生手続においても従前の経営者が引き続き経営に関与することが多くあります。

もっとも、会社が経営難になったことの責任の一端が経営者にあることから、私財提供・役員報酬引き下げなどの形で経営責任をとるように求められることは覚悟する必要があります。

弁護士 小池智康

アクセス

JR 南越谷駅・東武スカイツリーライン 新越谷駅

駅出口正面

埼玉県越谷市南越谷1-17-1
新越谷プラザ4階B号室
アクセス詳細はこちら

茨城県南部サポート

  • 取手市
  • 龍ヶ崎市
  • 守谷市
  • 牛久市
  • つくばみらい市