『弁護士費用は売掛金の回収、会社資産の処分等の清算作業で確保できます』とはどういうことでしょうか?

 破産手続のために弁護士が代理人についた場合、最初に弁護士から各債権者宛に受任通知(弁護士が破産手続の代理人に就任した旨の通知)を発送します。この受任通知をを受領してからは、債権者は、原則、債権を回収できません。そうすると、資金繰りが厳しい会社でも売掛金の入金や資産を処分できれば多くの事案で弁護士費用を確保することができます。                                                                                                     会社破産の相談をされる方の多くが弁護士費用の心配をされますが、営業を継続している状態であれば『弁護士費用は売掛金の回収、会社資産の処分等の清算作業で確保でき』るということになります。

弁護士 小池智康

アクセス

JR 南越谷駅・東武スカイツリーライン 新越谷駅

駅出口正面

埼玉県越谷市南越谷1-17-1
新越谷プラザ4階B号室
アクセス詳細はこちら

茨城県南部サポート

  • 取手市
  • 龍ヶ崎市
  • 守谷市
  • 牛久市
  • つくばみらい市