『破産手続は生活を再建するための手続です』というのは具体的にはどういうことですか?

破産手続は、破産手続開始時点の財産を処分して債権者に配当をするという債権者のための手続であるという側面、破産手続で配当ができなかった残債務の支払義務を免除する手続であるという側面があります。                                                                                       このため、破産手続をした場合、破産手続後に取得した財産(例えば、給与が典型です)を借金の支払いに充てる必要はなく、全て自分の生活のために使うことができます。また、破産法では、自由財産という制度が用意されており、この制度を利用すれば、破産手続開始時点の財産でも一定額(実務上の運用では99万円又は99万円に相当する資産)を手元に残すことができます。                                                                                        『破産手続は生活を再建するための手続です』とは、①破産手続開始時点の借金の支払義務は免除され、かつ、破産手続開始後に取得した財産は自分の生活に自由に使えること、②破産手続開始時点の財産でも一定額までは、当面の生活のために手元に残すことが可能になるということです。

弁護士 小池智康

アクセス

JR 南越谷駅・東武スカイツリーライン 新越谷駅

駅出口正面

埼玉県越谷市南越谷1-17-1
新越谷プラザ4階B号室
アクセス詳細はこちら

茨城県南部サポート

  • 取手市
  • 龍ヶ崎市
  • 守谷市
  • 牛久市
  • つくばみらい市